「里人やまなし」山梨地域医療研究会

里人やまなし

山梨地域医療研究会が「里人やまなし」というキャッチフレーズとともにホームページを新規オープンしました。
山梨県内で働く医師が集い、県内の地域医療を再生するには何が必要か研究し、また発信していく研究会です。 地域医療機関を中心に、医学生、研修医に向けて啓発活動・研修プログラムの作成・募集等の事業を進めていきます。

 


「里人やまなし」キャッチフレーズとマークの意味
里に人がいる、里の人を診る、里の人になるという意味を含んでいます。
景色と空気がきれいな山梨に暮らし、学び、地域医療を守る。
しっかり仕事をこなし、患者の笑顔を見て帰ってゆく、真面目でスマートな往診医師のイメージをマークに表しました。
山梨地域医療研究会+研修医=里人やまなし という風に、関わるすべての方々の連携チーム名のように捉えていただきたいです。
※「里人」(読み:さとびと、古語ではりじん)その里に住んでいる人。その土地の人。
三省堂 大辞林